Top > ローコスト住宅 > 注文住宅で家を建てるデメリット

注文住宅で家を建てるデメリット

これから家を購入しようと思った時に様々な面で自由度の高い注文住宅ですが、デメリットも存在しているので注意しましょう。

まず第一に気になるのが価格の面です。

自分の希望を元に設計をしてもらうため当然コストは高くなります。

建売では同じ設計でたくさんの家を建てたりとコストダウンが行われています。

そのため注文住宅では同レベルの家を建てた時に割高になる傾向があります。

また、注文住宅では多くの手間がかかります。

一生に一度の買い物ですから楽しめればよいのですが、土地を探したり設計の段階から関わったりとやることが沢山あります。

さらに準備が整ってからやっと施工に入るため実際に住めるようになるまでは時間がかかります。

この他ありがちなのが自分の希望を無理やり通して予算内に収めた結果、他の部分にシワ寄せがきてしまって住みにくい家になる可能性があるという点です。

自由度が高いのはメリットでもありますが無理に要望を通してしまうとデメリットになってしまう事もあるのです。

ピーチハウスの口コミと評判、体験談

ローコスト住宅

関連エントリー
注文住宅で家を建てるデメリット
カテゴリー
更新履歴
大阪の興信所|時々...。(2016年10月18日)
内側からのケアで健康的な髪の毛を(2016年8月22日)
注文住宅で家を建てるデメリット(2016年5月25日)
紫外線から髪を守る(2016年4月14日)
髪の毛を乾かす(2016年3月31日)